<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

前回、ダブルバニーの替わりになる羊さん、山羊さんコンビのフライでは頭が不細工なので
改良してみました。
改良点は前回はイントルーダーワイアーをアイを通して折りかえした為に折り返し部分で太くなり
さらにチェーンボールをつけるとなおさら頭でっかちに膨らんでしまったのを修正。

イントルーダーワイアーはアイを通さずボディの3分の2から折り返して瞬間接着剤で固定。
チェーンボールの替わりにレッドワイアー0.025mmをヘッドから3mm離してベント側に5巻きして
ヘッドから沈むようにするのとアイ側の膨らみを軽減。
c0097652_22165544.jpg



ただアイの処理でペイントや固定用接着剤の乾燥時間を入れると30分はかかるのは
しかたない。
10分間タイイングとはいきませんでしたw
c0097652_22192535.jpg



下の写真は上段がアイスランディックシープ、下段がカシミアゴート。
このコンビで鬼様GETできればいいな。(妄想)
c0097652_22215917.jpg

[PR]
by flyfisher_yama | 2015-04-24 22:22 | flyfishing | Comments(0)
ダブルバニーというフライがあり、アメリカでワンフライコンテストというワンパターンだけのフライで
どれだけ鱒が釣れるかを競うコンテストで連続優勝したフライ。
どんなフライかというとラビットテープを上下にセットしたフライなのですが作るのが以外と難しい。
不器用な自分だとタイイング時間は30分はかかってしまいます。

下の2枚の写真のダブルバニーは全長11cmです。
ラビットが水を吸い込むのでキャスト時に重くて少し慣れないとオーバーヘッドでは
自分釣ってしまいそうですw
そんな重いフライだから北の大河で12番ツーハンドロッドで振るか9番、10番ロッドなら
シューティングスペイでやるのが無難。
c0097652_20335766.jpg



c0097652_20342386.jpg



下の写真は全長8cmでこれくらいなら9番ロッドでも無理なくキャストできます。
c0097652_20363472.jpg



このダブルバニーのデメリットは水を吸うと重い。
タイイングが以外とめんどくさい(これは自分だけかもw)

そんなわけでフライを軽く、そして簡単に巻ける2匹の兎ちゃんを無い頭で考えました。
まずはマテリアルをアイスランディックシープとカシミアゴートに替えて巻いてみました。
ちなみにシープは羊、ゴートは山羊ですね。
この時点でバニーではなくシープ&ゴートですw

下の写真はオーバーボディをアイスランディックシープ、アンダーボディをカシミアゴートで巻いた全長11cmのフライ。
ヘッドが不細工すぎて改良の余地はありますが水中では引っ張っては細いフォーム、フォーリングで
膨らむフォームで面白い動きをします。
なによりフライ自体が軽くて爽快なキャストができそう。
c0097652_20491464.jpg



下の写真はアイスランディックシープだけで巻いたもの。
羊さんと山羊さんコンビよりも全体的にボリュームがでます。
c0097652_20555527.jpg



アイスランディックシープとカシミアゴートは柔らかさゆえにフックに絡みやすい欠点が
ありますが、ウォデントンショートシャンク(15mm)とイントルーダーワイヤーで絡みにくく
してみました。

5月は北の湖、6月は北の大河で試したい毛鉤です。
[PR]
by flyfisher_yama | 2015-04-22 21:00 | flyfishing | Comments(0)

あともう少し

今日はまた雪が降るかと思われるくらい寒くなったけど三寒四温を繰り返し
春がくるのですね。
待ち遠しい。
来週はクロネコ&大魔神コンビ釣行100カ月の祝賀パーティがありそこで皆さんで
決起して春を迎えるパターンですね。
K&Dは継続は力なりを実行しましたね(意味不か?w)

春一発目の本格釣行は鬼様狙いにしようかと考えてます。
この手のフライをあと数個巻いて鬼様モードに突入!
総数60~70個フライ用意したけど年間1~2尾か簿なのが鬼様フィッシング。
でも、やめられまへんな~(;^ω^)
c0097652_21142218.jpg

[PR]
by flyfisher_yama | 2015-04-17 21:15 | flyfishing

北の大地で酒と釣りを愛する親父集団


by flyfisher_yama