<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今回は長さ11ftのスイッチロッドなる竿を購入。
スイッチロッドとはシングルでもツーハンドとしても振れさらにスペイも出来るという夢?のロッドです。
良くいえばオールマイティに使え13ft以上のツーハンドよりは手がえしが良い。
悪くいえばどっちつかずの中途半端な長さでコウモリ竿か?(;^ω^)
c0097652_19444583.jpg



このバットマンロッドを何処で使うかというと十勝、尻別本流でブッシュが覆いかぶさり通常の
ツーハンドではロッドが長すぎて邪魔なポイントや音別、茶路川の川アメでロッドの長さをいかして
のルースニング等、考えればけっこうありそうです。

ラインシステムはスペイキャストの場合は3Mのスカジットマルチティップのフルラインタイプ。
オーバーヘッドとルースニングで使う場合はニンフラインやウインドマスターフライラインとの
組み合わせ。
c0097652_19555233.jpg



そんなわけで本日、スカジットマルチティップとの相性をフィールドテストに行きました。
水のあるところなら何処でもよかったのですがSK氏に声をかけ私の未知のフィールドに
連れて行っていただきました。
この季節は水温が低く釣果は望んでいません。
目的はロッドとラインの相性です。
実際、魚はいるようですが物凄く渋い!www
ドライに出ましたがバレてそれっきりです。
c0097652_2081891.jpg



スペシャリストのSK氏はTFOのスイッチロッドですがラインはエアフロのスカジットコンパクトでシューティングタイプです。
振り比べるとロッドのアクションとラインの違いがわかり大変参考になりました。
3Mのスカジットフルラインタイプはオーソドックスなスペイラインの振りかたでエアフロはスカジットキャスト
でお互い一長一短あり、フルラインタイプはキャストが未熟者の私には若干難しいですがメンデングには
優れています。
かたやシューティングタイプのエアフロスカジットはキャストしやすい反面、メンディングは不得意。
理想は使いわけするのがよろしいかと・・・でもとりあえずフルラインに慣れるようにします。

今月末から十勝の川アメも開幕のようで通うことになりそう。
c0097652_20203387.jpg
得意の虎の狸の皮算用をしている自分がいます(´-∀-`;)
[PR]
by flyfisher_yama | 2009-10-17 20:22 | flyfishing | Comments(20)
秋深まる10月4日にAKAさん、NITTさんと道北の湖にレインボーを狙いにいきました。
c0097652_22524414.jpg



c0097652_22531211.jpg



秋晴れの中でのFTフィッシングですが風は強く9mの予報がでていたとおり波が立って
中々前へ進めません。
それに水草が多く沈めるとすぐひっかかってしまいます。
c0097652_22534128.jpg



朝のうちは釣れない時間帯が続きましたが二人がデカ虹をGETしました。
あたしはというと30中くらいと質素W
c0097652_22541386.jpg



これは頑張らなくてはならないと一念発起してラストで40中位のをようやく
GET!
虹君はFTの上で元気よく暴れてシャチホコ状態で測定して43cmだから
伸ばすと45cmくらいかな?(^_^;)
「太陽がまぶしいぞ早く解放してくれ!」とせがまれたので写真とって即リリースしました。
50まではあと5cm。この5cmが非常に遥かなる数字に思えるのは
自分らしいですW
c0097652_22502180.jpg



そして入った場所に戻るすがらロッドを振っているとグニャ!と折れましたW
10年以上も使ったオービスですからカーボン疲労でしょうか?
こればかりはしかたのないことです。
c0097652_22544835.jpg



秋晴れの中でのプカプカは楽しかったので良しとしましょう。
c0097652_22552032.jpg



今度の3連休は関東で仕事になりましたが台風が来ていて直撃すると
北海道の河川も氾濫して釣りにならないかも?
これで仕事に専念できますW
(週末飛行機飛ばない可能性もあります(^_^;)
[PR]
by flyfisher_yama | 2009-10-06 21:38 | flyfishing | Comments(16)

北の大地で酒と釣りを愛する親父集団


by flyfisher_yama