<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

接着剤のお話

このシーズンになると海アメ用にソルトウォーターフライを巻くことが多くなる。
キャンディやバックテイル、ゾンカーなど多彩だが近年はボディの透明度にこだわる
フライをタイイングするようになり、重要なツールとして接着剤が決め手になることが
多々ある。
そこで一杯ひっかけながら考えてみた接着剤考だw

まずはエンリコ社のエポキシ。
これは30分硬化のものだが実際は2時間以上経たないと硬化しない。
半日位で完全硬化する。
いったん硬化すると透明度の高いカチカチのボディができる。
このカチカチ度がいいのかというと強度的には優れている。
c0097652_21292029.jpg



これはアングラーズチョイスのソフトボディ。
粘液性の高いthickと柔らかめのthinの2種類がある
名のとおりソフトなコーティング剤でやわらかなボディを作るには最適だ。
完全硬化時間は1時間くらい。
ただし強度的には弱い
c0097652_21344371.jpg



そしてコニシ社のSUボンド。
これはかなりの優れものでエポキシのように2液を混ぜる必要もないし混合したばかりの
エポキシは液垂れして塗りにくいがこのSUは適度な粘性で液垂れもかなり軽減されている。
透明度も抜群で硬化時間も1時間以内。強度もエポにつぐものだ。
そででいて少し固めのゴム状になるので柔らかさも持ち合わせている。
c0097652_21405594.jpg



この3種類の接着剤を比較してみると以下のようになる。

・強度 エポキシ>SU>ソフトボディ

・柔らかさ ソフトボディ>SU>エポキシ

・硬化時間 SU>ソフトボディ>エポキシ

・透明度 SU>=ソフトボディ>エポキシ

・扱いやすさ SU>=ソフトボディ>エポキシ

以上のことから総合的にはSUが使いやすく万能タイプ。
だから業務用のお徳な量のSUを買ってしまったwww
下の写真はSUで完成させたサーフキャディ
c0097652_21582544.jpg



他に白くならない瞬間接着剤と硬化促進剤のハーダニング(写真右)・
べたつき防止にマニキュアのトップコートクイックドライタイプ。
(写真左)
などを使ってタイイングしてる。
c0097652_21524888.jpg



下のマシーン?は液垂れしてボディが偏らないようにグリグリと低速モーターでフライを回しているところ。
c0097652_21563346.jpg



冬の夜長は酒をチビチビやりながら気が向いたらこんなふうに遊んでいる親爺でした。

ちなみにSUは何処にでも売っているわけではない。
ジェイソンの職場には無かった。
あったのは道内最大の売り場面積を誇るJ・AKで見つけた。
あとは何処で売っているのかは不明っす。
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-12-27 22:04 | flyfishing | Comments(12)

2008 海アメ開幕!

本日、島牧に集合したのはAKA、としー、TOKI、かげまる、BOB、shinya、yamame
海アメオールスターズ(笑)
未明に「U」にてshinyaさんが爆釣し途中BOBさんと合流して島牧方面へと攻め込んできた。
こちらはAKA、としー組と海アメブラザーズwithヒゲ親爺の2組に分かれ情報交換する。

カゲ○の旦那、こちらであたりなされや。
TOKI殿かたじけない(意味踏め
c0097652_22561327.jpg



今日の海況はだし風と潮まわりが悪く、はっきりいってよくない状況で皆さん苦戦している。
こんな海尺岩魚が挨拶してくれただけだ。
c0097652_2303089.jpg



今シーズンの為に巻いた新作のフライパターンのうち2パターンは強度不足でキャストする度に
ボロボロになってしまった【'A`】
まったく姉歯フライでおじゃる。
強度を増して出直しじゃ。

そんな中、フライボックスを海に落としてしまい慌てて拾おうとしても届かなく、諦めかけていた
時に隣にいたルアーマンが4,5m伸びる磯タモですくってくれた!
なんと感謝いていいやら爽やかで優しそうなルアーマンさんありがとうございました(_ _)ペコリ
フライボックスにはアタシの人生のすべてが入っていたので,すくわれてルアーマンさんが
ジーザスに見えたあ(マジで)

今日はフライボックスが救われただけでも感謝しなければならないが、次の瞬間、恐怖の武美
398円ルアー大王TOKIが降臨!

皆が苦戦する中で50upをGET!!
c0097652_23225694.jpg



去年の苦労が実り今年見事に開花した毒花・(`▽´)・:
じつはTOKI殿には呪いをかけた海アメ「ボ」ウシを進呈してのだが、それを幸せを呼ぶ
海アメの帽子に変えてしまったのだ。
じつにアッパレ。

MR.KGはアドベンチャーでこんな所でやっているw
c0097652_23263783.jpg



AKA&としーもツーハンドをフルキャストで気合を入れた。
c0097652_23285817.jpg



今シーズンの開幕は今日の有馬記念のように大荒れでダークホースが栄光をものにした。
面白いスタートである(~^◇^)
皆さん、また島牧で逢いましょう~~~~
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-12-23 23:11 | flyfishing | Comments(24)

2008 海アメフライ

今日、明日は荒れ模様の天候なので海アメは諦め今シーズン用のフライを巻きだめしている。

2008用に初使用するフライパターンは・・・・

テールオン ラビットゾンカー
c0097652_20405677.jpg



アンチョビ シリスキン
c0097652_20424158.jpg



サーフキャンディ
c0097652_20441818.jpg



この各パターンが、まねきネコになるのか?
はたまた、ネコに小判・・・いや海アメにネコ跨ぎされるのか?
ネコのみぞ知る(=`´=)
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-12-15 20:49 | flyfishing | Comments(12)

出撃準備

今年も残すところ僅かになりなにかと気ぜわしい師走だが、私はマイペースで海アメの準備をしている。
2008年用にとツーハンドを新調。
ラインや小物も揃えた。
c0097652_15105217.jpg



c0097652_15111555.jpg



来年の1、2月は東京に20~30日間は出張の予定なのだが行ける時はできるだけ出撃する。
でも天候によっては断念することもあるだろう。
まずは年内に出撃だ!
そういえば漁港やアイランド用に磯タモを買ってない!ネットで調べてみよう。
皆様、お買い得品があったら教えてください。
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-12-08 15:20 | flyfishing | Comments(16)

Fresh Water Final Fish

今シーズン最後の淡水での釣りフィールドは先週に続き十勝の雨鱒GET!で最後を飾りたい
といつものウォルトンメンバーと再訪問した。
日勝峠にさしかかるところでデジカメ
を忘れたのを気がついた!時すでに遅しで、今日は携帯のカメラで撮影するはめになった。

十勝清水の高速道から初冬の十勝平野を朝日が昇っている。
携帯カメラで撮影したのでいまいちの写りだが実際は凛とした寒さの中での風景は絶景だ。
c0097652_23305959.jpg



現地に早朝到着するが寒い!夜明けの気温はマイナス12度で7:30の気温は少し上がっても
マイナス10度はありそうだ。
川辺のポイントにはすでにshiyaさんグループがコンスタントにGETしていた。
こちらも加えさえていただき釣り開始するが2、3投する度にガイドが凍りシューティングヘッドと
ランニングラインのジョイントが凍りの塊になりシュートを妨げる。
二桁マイナス気温の凄さを痛感した瞬間だ。
c0097652_2340297.jpg



c0097652_2340203.jpg



そんな中、何尾かが遊んでくれた。
先週より小ぶりの40後半~50cmだがヒットするだけでもありがたい。
c0097652_23435812.jpg



今回はSAGEの旧タイプツーハンドロッド14ftを振り回したが、これが以外といい。
同じSAGEのグラファイト4から比べるとバラボリックアクションでロッドが曲がる感覚がつかめてシューティングの楽しさを再認識させてくれた。

そして今シーズンファイナルを飾ったのはNITT氏が72cmをGET!あっさり先週の70を更新してくれた(笑)
今シーズンはウォルトンメンバーを初めネットで知り合った方々と同行や現地でのコミニケーションをとり有意義なシーズンだった。
来シーズンもアングラーの輪を大事にしたいと胸に秘め淡水納竿の儀はとどこおりなく
終了。
皆様お疲れ様&有難うございました!
c0097652_23574286.jpg



そして、しょっぱい水へのバトンでもあるのだ。
島牧で逢いましょう~~(´^ェ^)
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-12-01 23:59 | flyfishing | Comments(24)

北の大地で酒と釣りを愛する親父集団


by flyfisher_yama