「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

FTダブルヘッダー

先週のリベンジで支笏湖に早朝からFTを浮かべる。
先日とうって変わって無風ベタ凪だ。
オーブが写ってる?
c0097652_17392286.jpg



しかも釣り人は一人しかいない!「今日はもらったぁ!」と思ったがサッパリあたりもなし。
小一時間経って氷雨も降ってきて体温が低下していくのがわかる。足先も感覚が無くなってきた。
c0097652_17415437.jpg



まもなくかげまるさんが来て二人で反対側に探りに行くがなんの反応もない。
ビックフットではないよ^^
c0097652_17452226.jpg



やはりいつもの支笏湖だった。
あきらめて茶鱒湖にがげまるさんを誘っていつのもポイントに入釣しようとしたが、先客がいて
下流から入るが濁りが入っている。
昨日かなりの雨量があったのか?
c0097652_17494215.jpg



アタリが一回だけで芳しくないのでいつのも入釣ポイントに移動。
小さいのがそれなり釣れたが、デカイのはまたGETできなかった。
今日の茶鱒湖はルアーでは不利な状況だったが、そこは絶好調男がげまるさん!茶鱒をヒットさせる。
納得とはいかないまでもポイントをわかってもらい良しとしよう。
ビックフットじゃないよ(しつこいか?)
c0097652_17554598.jpg



いよいよ来週からは渓流インだ。
FTはしばらく封印か?
茶鱒君今度逢うときにはでかくなっててね。
c0097652_17595671.jpg

[PR]
by flyfisher_yama | 2007-05-27 18:03 | flyfishing | Comments(18)

いつもの支笏湖

今週末にTOKIさんと渓流釣行を予定していたが、あいにくの雨で延期にして久しぶりに支笏湖に向かう。
目的地のオコタンはなだれの危険性がありオコタンへの道が通行止めになっていた為、やむおえず美笛方面へ走る。
美笛に到着すると濁りがあるのと向いから強風が吹いておりフライでは厳しすぎる状況だ。
苔の同門も同様、濁りと強風、三角波でFT出艇は無理。


風不死近辺には車が止まっているので釣れた情報でも入ったのか?
でもバックがないポイントが多く、今日はヘッドしか持ってきてないので断念して、丸駒方面へ
移動する。
c0097652_13491111.jpg



丸駒方面もめまぐるしく強風が吹いていてFTなど出せる状況ではない。
陸っぱりでロッドを振ることにして湖面に降り立つとブッコミをやっている人のよさそうな
じっちゃんがいたので釣果を聞いてみると40cm位のレインボーをキープしていた。
その近くのルアーマンも42cmの虹をGETしていた。
やる気になったが強風でフライは不利だ。
c0097652_13494449.jpg


強風が吹きあれライントラブルに四苦八苦しアタリもないので秋刀魚の缶詰を食べ午前中であきらめて帰ることにした。。・゚・(ノД`)・゚・。
c0097652_144823.jpg

帰り際にブッコミじっちゃんにその後の釣果を聞くとなんと50近いレインボーをキープしてるではないかぁ!
釣れたポイントを説明してくれたが、岸から40m近くのところがカケ上がりになってるようだ。
その周辺のポイントもやはりフライでは遠くルアーなら遠投でどうにかなりそう。
フライはFTが出せれば釣れる確立はグンと高くなることがわかった。
じっちゃんありがとう!
c0097652_13591389.jpg


来週こそ渓流と考えてたが、このまま「いつもの支笏湖」ではおさまりがつかない!FT出艇でリベンジじゃぁ!(σ`(Å)´)σ
そんなわけでTOKIさん申し訳ない!渓流は6月一発目に同行お願いします。(_ _)ペコリ

ひとつ気になることがあるのだが、湖面へと続く小道に仏壇が置いてあるのだ。
写真を撮ったが祟りがあると怖いのですぐ消去した。
ブッコミじっちゃん曰く、「ここよく出るみたいだべ」と手をたれた。(((( ;゜Д゜)))
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-05-20 14:09 | flyfishing | Comments(18)

強欲茶鱒

c0097652_1646245.jpg
連休に続き茶鱒湖へいつものウォルトンメンバーとFTフィッシングに向かう。
山桜もようやく5分咲きになり少しは水温が上がったかと期待したが、雪代が入り逆に連休より
冷たく足先がしびれてくるほどだ。
c0097652_16311082.jpg



水温が低いせいか活性もいまいちだったが、30あるかないかのがヒットして強引に寄せてる
最中にいきなりロッドが重くなる。
「木に巻かれたか」と思って水中を覗いてみるとなんとその30位の奴の横腹にその倍くらいの
茶鱒が噛み付いているではないか!!
しかしほどなく噛み付いたデカ茶鱒は何処かへ消え去りGETできたのは気絶した20後半の茶鱒だけだった。
共食いするとはなんと欲深い茶鱒がいるもんだと驚いた。
じつは数年前にもAKAさんが同じ体験をしているが強欲なる茶鱒はまだ誰もGETしていない。

しかし今年の茶鱒湖は不漁だ。
今日も30後半が2尾であとは20代ばかり、同行メンバーも同じく。
この調子だと6月の声を聞かないと活性はあがらないかも。

明日から出張だが納得のいく釣果ではないので今月末に再チャレンジか?
c0097652_1645916.jpg



遊ばせすぎて疲れさせてしまった・・・回復するまで口をもって支える。
茶鱒君、バスみたいことして申し訳ない。
c0097652_1650816.jpg

[PR]
by flyfisher_yama | 2007-05-13 16:51 | flyfishing | Comments(17)