「ほっ」と。キャンペーン

ランニングライン選択考

先日の海アメ釣行で20lbのインタミ・モノコアランニングラインが絡んで再起不能になり、TKさんに手伝ってもらい解こうとしたが複雑に絡み断念した経緯があり、何故絡むのか考えてみた。
同じラインをAKAさんが使っているが、絡むことはあるが再起不能になるくらい複雑に絡んだ
ことはないと聞いていた。
AKAさんと私の違いはリールがナローのノーマルリールかラージアーバーの違いだ。
ノーマルリールだとバッキングをたっぷり巻かないと径が小さくなり、ラインのコイル径が小さくなり絡みやすくなる。
そこで今回はラージアーバーリールに巻き直し事前にラインストレーナーでしごいてみることにする。+「クレポリメイト」でコーティングし滑り性を良くする作戦。
それにより再起不能の絡みは無くなるはずだ。
c0097652_21464513.jpg

c0097652_21465729.jpg



そしてもう一つのランニングラインを用意した。
昔、サ○ックスのモノフィララインを使ってグチャグチャに絡んだ経験があり、二度と
モノフィラ系は使わないと心に決めていたが、凝りもせずバ○バス系も使い同じ経験をした。
そして今回はまた凝りもせずモノフィラをセッティングしてみる。
そのラインは初めて使うフロッグスのモノフィラ。
いままでのモノフィラと違う点はラインが太い!
前出のモノコア20lbの径が「0.64mm」 フロッグスが「0.76mm」とはるかに太い。
そしてブレイデットコアのフローティングよりも飛距離、浸水性がよくアタリがとりやすい
と考えている。
それをCFOⅥにバッキングをたっぷり巻いて大きなループを作るように細工。
c0097652_2201159.jpg



このシステムを2月から試す!
気持ちはすでにうまくいってるのを想像する。(いつもこう妄想するのだ)
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-01-26 22:06 | flyfishing | Comments(14)

穏やかなる海よ(´・_・`)

c0097652_20553951.jpg

今日の未明に海アメデビューとなるTKさんと海アメに向かう。
これが真冬の道中かと思われるほど路面が乾いて、これから春を迎えるのかと錯覚してしまうほどで静穏な海を眺めながら200kmの道程を進んだ。
現地ではBOBさんとゲストの方がすでにロッドを振っていた。
我々も用意し早速釣り開始。
c0097652_20584711.jpg

(上の写真はBOBさんとTKさんの密談現場)

それにしても穏やかな海だ。波は1mないし風も微風だ。
そんな中、BOBさんの友人に中型のアメがヒット!たてつづけ2匹GET!
だがそのあとが続かない、shinyaさんも到着ししばらくロッドを振るが魚の気配がない。
shinyaさんの提案で南の漁港に移動する。

正午近くに着いた漁港では数人の釣り人がいる。魚も入っているようだが海底がみえるほど
穏やかで魚は相当スレている。
そこでBOBさんたちとshinyaさんは岩礁ポイントへ移動することになり、TKさんと私は
ここで粘ってみることにした。
結果は40cmのアメ2匹とウニをGET。
c0097652_21113891.jpg

c0097652_21115777.jpg

TKさんはこのベタなぎと魚のスレ具合はルアーでは不利すぎた。
でも海アメデビューでおおよその感触はつかんでいる。
次回が楽しみだ。
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-01-21 21:15 | flyfishing | Comments(16)

猫と畳とボンベイ

c0097652_18135148.jpg
猫が喘息気味なので病院に連れて行った帰りに「酒がない!」ことに気づき
数ヶ月ぶりに「ボンベイサファイア」を買う。


このスピリッツは香草豊かなジンであり、度数は47度と高めだ。
昔話になるがこれが好きな女性と一緒にボンベイのロックを呑み自分が先に
つぶれた苦い想い出があり、プチトラウマに陥る酒。
カクテルベースとしても有名でドライマティーニやギムレットのベースに使われてる。
前出の話の中でストレートやロックでやると「二日酔いババア」が背中に貼り付き
エライ目にあうことがわかり、最近はもっぱら柑橘をたらしてソーダー割りにしてる。
レモン、ライムが定番だが今日はゆずで割ってみた。
これは和風で畳に合う。肴は炙ったイカでいい~~♪八代亜紀の名曲を唸ってしまう。
猫も喜ぶボンベイサファイア(=^ェ^=) お試しあれ。
c0097652_1815410.jpg

[PR]
by flyfisher_yama | 2007-01-14 18:15 | カボスハート(ミーハー) | Comments(18)

フライの眼

海アメ用フライにはほとんど眼をつけている。
なぜならそれらしく見えるのと、そればかり使うとヒット率も高くなり「やはり眼は効果がある」
と錯覚してしまう。
まあこれは数少ないヒット率で経験値の少ない私の意見だから信憑性は低いのだがね
(^o^;)

でも魚からはどんなふうに見えているだろう「お!眼がある本物だ。食っちゃおう」とでも
考えているのだろうか?
魚に聞いてみなければわからない永遠の謎である。
c0097652_14181679.jpg



最近、この眼をつけるのには2重の塗布をするようになった。
はじめは上の箱の高粘土瞬間ボンドとそれを瞬時にかためるハーダニングなるもので
コーティングして使っていたが、先日の釣行で眼がとれてしまう確立が高かったのだ。

そこでそのコーティング+下の2液混合タイプのエポキシを塗るようにした。
これで強度があがり眼のロストが少なくなるだろう。
c0097652_14274935.jpg



この眼で一尾釣りたいものだ。一尾でいいや( ̄。 ̄)
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-01-08 14:32 | flyfishing | Comments(10)

今日から大荒れの天気。黒い安息日だ。
amazon.comでCDでも買い込むかと思いふとこの2バンドを連想した。

深紫と黒・・色として連想した時、深紫は暗い中にも鮮やかさという彩度の妙がある。
かたや黒は暗黒、暗闇・・漆黒の世界をこわいものみたさに覗きたくなってしまう。
パープルとサバスがまさにそうだ。
ギタリスト、ヴォーカル、リズムセクションが叩きだす音はすべて対称的なバンドである。
今回は曲やアルバムにコメントするのではなく個人に焦点を当ててみた
c0097652_20173231.jpg
c0097652_20194610.jpg


まずギタリストのリッチーブラックモアとトニーアイオミ
両雄ともこれでもか!というぐらいにリフを繰り返す。
それが快感となってリスナーに伝わってくるが、伝わりかたが違う。
リッチーは高速で走り抜ける爽快なロックンロール! トニーは地を這う重厚な
ヘビメタ。「かっこよさ」では二人ともGOOD!リッチーは眩いばかりのベイビーフェイス。
トニーのほうは裏社会の顔役を連想させるアウトロー。両方違う「かっこよさ」がある。
c0097652_20241747.jpg
c0097652_20245886.jpg


ヴォーカルのイアンギランは天を貫くシャウト!!が魅力の正統派ロックヴォーカリストで
彼にあこがれコピーした後輩がたくさんいる。
オジーオズボーンは黒魔術を使う魔物のようなうなり声で人々を震え上がらせる。
              でもそれが病みつきになるのだ。
c0097652_20302798.jpgc0097652_20305611.jpg


リズムセクションはパープルの場合アップビートに加えてジョンロードのキーボードでアレンジされた音はクラシカルな印象を与える。
ロジャーグローバー、イアンペイスの8ビートを陽とするとギーザーバトラーとビルウォードの8ビートは陰。重いドライブ感という言葉がぴったりだが、そこから緩急のつけたリズムを刻み出すと暗黒面に引き込まれてしまう。
c0097652_20355939.jpg
c0097652_204064.jpg
c0097652_20395739.jpg
解散後のパープルはイアンギラン、リッチーブラックモアは独自の世界を築きあげた。
サバスはまだ現役で数年前のオズフェストにオオトリとして出演したのを観たが、他のヘビメタバンドが良い子にみえるくらい貫禄のギグを披露した。
ここまでのコメントで気づいた人がいると思うが、私は紫より黒が好みである。^^
[PR]
by flyfisher_yama | 2007-01-06 20:48 | 音楽鑑賞 | Comments(14)

所信釣明演説

今年の初振りにと海アメに向かうが、返り討ちにあってしまいました。
今年を占う意味では「もっと努力せい!!!」と魚神に怒られた気分です。
そう、もっと状況に合わせてラインシステムやフライセレクト、リトリーブのバリエーションを
研究しなければ、明日はありましぇん!!

素直に実力不足をみとめ日々邁進努力する次第でごじゃりまするぅ!
またチャレンジする所存ですねん。
  ____  
   || ̄ ̄|| 
   ||__||  
   |:::l─lo|
    ̄ ̄ ̄
  <⌒/ヽ-、___ もうダメポ
/<_/____/


c0097652_21334333.jpg

[PR]
by flyfisher_yama | 2007-01-03 21:34 | flyfishing | Comments(16)

迎春

あけましておめでとうございます。
旧年中は皆様に懇意にしていだき大変
感謝しております。
今年も充実した釣りをしたいものですね。

本年もよろしくお願いします。

c0097652_13134342.jpg

c0097652_16551451.jpg

[PR]
by flyfisher_yama | 2007-01-01 13:16 | Comments(12)