晩秋・大河の洗礼

このところ、連続でお付合いしてもらってる大魔神とマザーリバー本流を目指して出撃です。
土曜日は午後から雨の予報で釣り開始の8時頃は雨雲もみられずスタートできました。
まずは上流域から入釣ですが予想に反して渇水気味。
去年に来た時は手前の倒木よりもまだ岸よりに水があったのに、まいったなあ。
底がみえみえじゃないですか。
c0097652_20414720.jpg



大魔神が枝で丸を囲んだ中に(´^(エ)^)さんの足跡。
釣り人はいないけど、プーさんはいるようです。
c0097652_20435161.jpg



水温も5,6度しかない感じの中で奇跡的に雨さんがヒット。
ノッポですが産卵後なのかスマートです。
棒鱈みたいw
c0097652_20494113.jpg



ここは早々にあきらめて下流ポイントへ移動。
山は雪化粧をして冬が近づいてきているのを感じますね。
c0097652_20534499.jpg



次のポイントは今夏にデカ虹をフックアウトしてしまったツーハンド・スペイフィッシングのフィールド。
ここは途中の比較的大きい支流からの水が流れ込んできて水位は充分あります。
c0097652_2151471.jpg



自分はツーハンドでスペイ、大魔神はルアー、途中からMMZ釣方。
この時から雨が降り出してきて立ちこんでいると足先が痺れるくらい冷たい。
いやー氷雨はこたえますわ。

低水温が原因なのかここもノーバイト。
考えてみればウェットをスイングさせて釣るのは適正水温で鱒の活性があがっている時期
じゃないと厳しいです。
水温5度くらいだと鱒がいてもフライやルアーを通りすぎていくのを見てるだけなんでしょうね。
目の前に送りこまなければ食わないようです。

本流は厳しいことがわかったので最後のポイントは大魔神の提案で支流に行くことになりました。
ここは雪代が入っているせいか水温5度きってるような足先の痺れ方w
c0097652_2110195.jpg



しかし大魔神だけは本領発揮してビックMMZで480mmを筆頭に300mmクラス
レインボーを連発!大魔神+MMZ=魚神さん・・・ということでOK?^^
こちらはウェット数種類でやってもノーバイトで川原の石を剥ぐとヒゲナガやカゲロウの幼虫が
いるのでヘアーズイヤー、フェザントテール、ウーリーバガー、武道虫、青虫をやってもノーバイト。

晩秋のFFの難しさを痛感した遠征でした。
仕事の都合上、11月は2回行けれるかどうか。
でも行けたらまた色々メソッドを変えてチャレンジしてみます。
[PR]
by flyfisher_yama | 2015-10-25 21:21 | flyfishing