未知の領域調査

休日出勤がたまったので代休をとって、またまた大魔神のガイドで未知の領域へ行ってきました。
この川には何回か来ていますが魚止めの堰堤から上流部は未知の領域。
さて魚はいるのでしょうか?
調査開始!

通行止めの林道を2km弱歩いてから魚止め堰堤上流に入渓。
この日は早朝から23度あり湿度も高くてロッドを振るまえに汗をかいてしまいました。
それと虻が大量発生していて手、腕、首をボコボコに刺されて、うっとうしい奴らだ!ヽ(`Д´#)ノ!
汗だくで刺されたところをかきながら到着したロケは壮大で素晴らしい。
c0097652_20191149.jpg



すぐにドライフライに岩魚がでてきてくれたから魚はいるようですが
200mm未満と小さい。
大魔神にはそれなりサイズがヒットしたから尺越えも期待してスタート
c0097652_2019545.jpg



でもその後が続きません。
一級ポイントでここには絶対いると思われるポイントでも
なんの反応もないところもあり、やはり魚止め堰堤の影響か?

そんな苦しい状況でなんとか泣き尺まではいきましたが、200mm
前後がボチボチヒットと魚影は薄くイマイチ。
c0097652_20203758.jpg



遡上して行くと、また堰堤があり巻き巻きw
先週ほどではありませんけど途中で落ちそうになり冷や汗をかきました
∩(´д`∩;)
c0097652_2026391.jpg



第二の堰堤上でようやく尺がヒット
c0097652_20271120.jpg



大魔神も同じポイントで350mmヒット!
c0097652_20281199.jpg



これで勢いつくかなと思いましたがその後が続かないから見切りをつけて脱渓。
けっこうな急斜面を草木につかまりながら林道に出たときには二人とも汗だく。
その後一時間近く林道を歩いたけど暑くてこたえました。
おまけに虻野郎がまとわりつくし。
車に到着してクーラーにあたって冷たいドリンクを口にした時の至福間はたまりませんねえw


結論からいうと魚止め堰堤から上流域は歩いたわりには魚影が薄く泣き尺が3尾、尺が1尾と
ちょっと期待はずれ。
でも調査釣行ですから過剰な期待はいけません。

この川の下流から最上流部までは大雑把ながらだいたい予想がついたから調査は終了。
c0097652_20291546.jpg



大魔神、またまたガイドありがとうございました。
これ以外に未知のフィールドがありまた探検に行くと言ってました。
あくなき探究心がありますねぇ。

でも自分はこれにて探検の旅はいったん終了としますw
[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by flyfisher_yama | 2015-07-31 20:32 | flyfishing | Comments(0)